top of page

ビジネスコンプレックス

更新日:6月11日




外見コンプレックス
内面コンプレックス

そして、
自分ビジネスにおいても
コンプレックス迷子になっていないだろうか。

イメージコンサルタントになって
外見の魅力は100人100通りだということを
お伝えするようになり、

3年前には自分辞典というツールを通して
内面の魅力も100人100通りだということを
お伝えするようになり、

どちらもあらゆる角度で学び続け、
タイプ論を超えて
どんどんパーソナルに伝えていきたくなった。

❝ 在るものを売る ❞
いいものをいいよ!って伝えることは
わたしの得意分野だった。

だからこそ、あるものを使って
❝ らしさ ❞ を伝えていくことの方が
わたしにとっては簡単なはずなのに、
知識も経験もアップデートされていけば、
それができなくなっていくんだなぁと。

それすらも、わたしの拘りによるものだから。
届け方が変わっていくのは
わたしにとっての成長でもある。

あるものを使って伝えていくこと自体は
素晴らしいこと。
目的は、ツールの先にあるからこそ。
どっちでもいいの。

__



コンプレックスは強みである。
よく聞く言葉だと思う。

外見にコンプレッスクがあったからこそ、
可愛くなりたい!という気持ちで
磨く努力をしていたあの頃・・・

その経験が、いつからか強みに変わり、
ビジネスにまで活かせるようになったことで
たくさんの方の魅力開花をサポートしてこれた。

内面のコンプレックスがあったからこそ、
自分の性格は悪すぎると捉えていたからこそ、
あらゆる心理学、脳科学、スピリチュアル、
潜在意識の仕組みをも学ぶことができた。

わたしにはわたしの、あなたにはあなたの
強みがあることを、伝えてこれた。

目に見えるからこそ、
外見を変えるのは本当に簡単。

だけど、
内面は特に、コツコツコツコツ。

振り返った時に、
あぁ、あれはまだ数年前のことだったのか。
と思うほどに、
物事に対する捉え方、考え方が変わっていて、
セルフコントロール力は格段に上がっている。

それでも、まだまだ。
成長はし続けるものだから。

ただ、外見も、内面も、
学び、磨いているけれど、
どちらをとっても、
❝ 自分の強みを活かす ❞
ことがベースにある。

コンプレックスだって、
誰かと比較した時、
自分の方がダメだという捉え方をするから
生まれやすくもなる。

じゃあ、
自分の経験や強みを活かしていく
自分ビジネスにおいても、
全く同じこと。

外見の強み、内面の強み、
それらと商品がかけ合わさった
ビジネスにおいて、
誰かと同じやり方で上手くいくとは思えない。

流行り物を取り入れることは
ファッションと同様に、
感覚を掴み、楽しんだりすればいいと思う。

だけど、本質は不変である。

あなたはビジネスを通して
誰に何を提供していきたいのか?
それをどのようにして、
届けていくことが、
唯一無二のらしさとなっていくのか?

__


わたしは今、
I am . という講座、
マンツーマンコーチング、コミュニティを通して、
あなたにしかない
ブランディングを構築していく
サポートがしていきたいのです。

内面の特徴を理解し、あなたらしさで働くこと。
外見の特徴を理解し、あなたらしさで表現すること。

あなたにしか提供できないコンテンツを
届けたい人に届けていくこと。

商品と、あなた自身を磨き続け、
ブランディングを構築していくこと。

それは、短期的なものではないからこそ。

そして、
個人事業だからこそ、仲間と繋がれる場所で、
一緒に成長していくことをも含む。

❝ 女性起業家の3rd Place ❞
となるようなコミュニティーを
創っていきたいということも、
わたしの想いと経験から生まれたもの。

コロナ以降、
自分ビジネスブームが起こり、
ビジネスのSNS発信が膨大に増え、
飽和状態にも感じる。

でも、
SNSの外においてもそれは変わらないこと。

資格を取ったはいいけど、
どうしたらいいのか分からない。
独自コンテンツを作ったものの、
思うように進まない。
副業としてはじめてみたいけど
思うように進まない。
学んでばかりで動き出せない。

ブランディングを学んで
そろそろアップデートしたい!

そんな方にこそ、
I am . でセルフブランディング術を
学んでみてほしいです♡


EIKO

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分を生きる。

わたしが内観という名の 講座を受けたのは3年前。 経営者が集う自己啓発セミナーに行ったり、 天文学や風水も学んでみたり。 エニアグラムの講座も受けたり、 自分辞典のセッションを 辞める時期に差し掛かっていた頃。 とにかく学び尽くしていた頃。笑 自分辞典をやめてからは、...

Comments


bottom of page