top of page

自分を生きる。

更新日:6月7日


わたしが内観という名の
講座を受けたのは3年前。

経営者が集う自己啓発セミナーに行ったり、
天文学や風水も学んでみたり。
エニアグラムの講座も受けたり、

自分辞典のセッションを
辞める時期に差し掛かっていた頃。

とにかく学び尽くしていた頃。笑

自分辞典をやめてからは、
内面に特化した商品を設けていなかったので、
とにかく学の循環が起こせない数年間でもあった。

でも、イメコンの
カウンセリング力はみるみる上がったと思います。

わたしは何を提供するにも、
その人の内面性の部分を伝えたい。
自分らしく生きて欲しい。
という想いがある。


苦手克服はしなくていい
得意を伸ばそう!というけれど、

わたしは内観が苦手だった。
今でも得意ではない。

自分と向き合うことも、
振り返ることも、
何がしたいのか?を知ることも。

ノートというだけで嫌悪感があるほど
ノート1冊使い切ったことがなかった。

内観講座は
キラキラ代表の界隈だったこともあり、
当時はとにかく側を真似して
とりあえずヴィトンのノートを買ってみた。笑
書いたのはたったの数ページ。

その講座は高額だったけど、
ほとんどを受け取れずに終わってしまった。

講座を受けて満足状態。
自分ごとには落とし込めず。
わたしにはできなかったなー。
向いてなかったなー。
そっか、苦手なことだから
無理に内観しなくてもいっか。


外見の仕事をしながらも
3年前からはとにかく
内面性の学びに費やしてきた。

その時に受け取れなかった内観術も、
その後に続く潜在意識の学び、
ブランディングの学びを経て、
今に活きています。


苦手なことを頑張る必要はないけど、

❝ 自分を生きること ❞
❝ 自分の本音と向き合ってあげること ❞
❝ 自分を理解してあげること ❞

に、苦手もクソもない。

ただ、今まで蓋をしてきたり、
見てみぬふりをしてきたり、
外側に求めて逃げてしまったり。

向き合ってあげずにいたのかもしれない。

自分と対話することから
逃げて、逃げて、

外側へと求めにいく。


学びに課金し続けて循環しない人は
このループにハマっていると思う。

何を隠そう、わたしは内面性の学びを
ずっとそのようにして追いかけてきたから。

あるものを売る。
イメコンを売る。
自分辞典を売る。

わたしはそれがすごく得意です。

だから、あるものを売る方が簡単なのに
自分が成長するほどに、
それではわたしが本当に伝えたいことが
伝えきれなくなっていく。
自分の知識ばかりが育ってしまう。
還元できなくなっていく。

独自の商品を生み出すというのは
ものすごいことなんだと思った。
そこに難しいという思い込みを
くっつけているからなんだけどね。

あらゆる知識と経験を形にしていくって。
すごく難しかった。

ないものを提供することの
ハードルの高さを感じるけど、
でも、この経験ができたことはすごく嬉しい。

これまでにわたし自身が、
点で学んできて難しかったこと、
点では拾えなかったことを
全てまとめたのが I am . です。

潜在意識のこと、
自己理解と自己対話、内観方法、
ビジュアルのこと、
ブランディングのこと。

わたし自身の学びたかった!
が、詰まっています。

❝ 自分の才能を活かす。 ❞

わたしは人を輝かせること、
総合的にみること、引き出すこと、
可能性を見出し、勇気を与えることが
得意っぽい。
 
そう言えるようになったのも、
そんな自覚を持てるように
なり始めたのも最近のことで、
 
この5年間で、
お客様からのフィードバックや、
わたしと話すとこんな気づきがあって
もっと自分を生きよう!って思える。
というたくさんの声をいただいてきたから。


そんな風に言ってもらえるのは、

持って生まれたものを知って、
それを自然と磨いてきたから。

その武器は、1人1人
似ていたとしても違っていて、唯一無二。

他人の人生ではなく、自分の人生を生きる。
I am .

それが当たり前の世界になったら、
どんな豊かさが待っているんだろうと。

みんなの可能性を切り開いていきたい。
そんな世界をみんなで見てみたい。


わたしの夢です。




EIKO
閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コンサルという仕事。

イメージコンサルの診断結果は 事実に基づいているもの。 ・お顔のタイプ ・骨格の特徴 ・パーソナルカラー 自己理解として、とても役立ちます。 知ってると知らないとでは、 知識の差が出るので、 知っていた方が、 役立つことは山ほどあります。 ここまでは、自己診断でもある程度いけます。 ( 自己診断が間違っていなければ! ) コンサルを受けた方がいいところは、 診断ではない部分です。 自己診断が当てに

Comments


bottom of page